スラブヒーティングの効果

スラブヒーティングの効果

冷え込みの厳しい朝も、15℃以上を保つ。

下記のグラフは、蓄熱式暖房「スラブヒーティング」を設置した外断熱・高気密住宅で実際に測定したデータをグラフにしたものです。明け方には氷点下にもなる12月の1週間を取り出したものです。
(グラフ1:外部と床下の比較  グラフ2:外部と1階、2階を比較)

外断熱とスラブヒーティングの効果で、外の冷たい温度や乾燥した湿度の影響をほとんど受けずに、家全体が暖かい状態を保っていることがわかります。
冷え込みの厳しい朝も15℃以上を保つため、寒くて布団から出られない、という心配はありません。
もちろんエアコンやストーブなど他の暖房危機は使用していません。

スラブヒーティングの稼働時間

グラフのオレンジ色の帯の時間帯で、スラブヒーティングを運転しています。
測定日の最初2日間(12/11,12)は、冷え込みの厳しい朝4時から8時の4時間を運転。
次の2日間(12/13,14)の朝は、床下・室内温度の影響を観測するため、運転していません。
若干室内の温度が下がりはじめた12/14の午後に運転。以降、同様に朝4時から8時の4時間を運転。

外部の温度と湿度

晴れた日、日中の最高気温は、12℃程度、最低気温は、明け方氷点下にもなります。
湿度は日中、20%を切るほど乾燥した日があります。
雨の日の気温は、10℃程度、湿度は90%を超えます。

蓄熱式暖房スラブヒーティングデータグラフ
蓄熱式暖房スラブヒーティングデータグラフ

床下の温度と湿度

外部の温度、湿度の影響をほとんど受けることなく、温度は、25℃前後(スラブヒーティングを運転しない2日間で
ゆるやかに低下)。湿度は、40%前後です。
1階床全体に床暖房効果があるため、キッチンも洗面所もトイレも足元が冷えることなく快適です。

蓄熱式暖房スラブヒーティングデータグラフ
蓄熱式暖房スラブヒーティングデータグラフ

1、2階の温度と湿度

スラブヒーティングを運転した日の平均で、1階の温度22℃、湿度40%、2階の温度19℃、湿度50%を保っています。
(スラブヒーティングを運転しない日でも15℃以上)
家全体を暖める全館暖房の効果がありながら、エアコン暖房のように過乾燥になることなく、健康に生活することができます。

  • banner
  • banner
  • banner
  • banner
  • banner
  • banner
  • banner
  • banner
  • banner
  • banner
  • banner
  • banner

株式会社 浜設計工房

banner
当社は千葉県千葉市を中心に、木造在来工法の注文住宅を設計施工をしております。
健康で快適な住空間をご提案するため、外断熱工法を推奨しており、一年を通して快適な住み心地に、お客様からご好評いただいております。 地球環境にもやさしく、省エネルギーに優れたネットゼロエネルギー住宅も手掛けております。
その他、増改築、リフォーム、水廻り、太陽光発電、エクステリアなど、住まいのことなら何でも、お気軽にご相談ください。

▼タップで通話できます▼

0120-208-566
株式会社浜設計工房
〒260-0807 千葉県千葉市中央区松ヶ丘町18-1
フリーダイヤル:0120-208-566 
TEL:043-208-5566(イザットハウス専用)
043-208-5528(代表)
FAX:043-208-5529
Copyright © 2012 Hama Sekkei Koubou Co.,Ltd All Rights Reserved.