制震ダンパー「ミライエ」

制震ダンパー「ミライエ」

実は、大地震で怖いのは余震です。
2000年に施行された新しい耐震基準の住宅は、震度6強クラスの大きな地震でも、1回では倒壊しないように設計されています。 しかし、耐震基準は、本震から住宅を守ることを想定しており、その後の余震までは考慮されていません。もし本震で住宅の構造躯体がダメージを受けていれば、それに続く余震の規模や回数によって倒壊する可能性も高まります。
当社では、繰り返し起こる可能性のある余震に対しても、揺れを軽減する制震ダンパー「ミライエ」を採用しています。

「ミライエ」制震ダンパーのしくみ

beforeafter

左の写真は模型を合成した写真です。
土台(下枠)、柱(縦枠)、梁(上枠)に囲まれた壁の中に制震ダンパーが取り付けられているイメージです。
「MIRAIE」の文字より下部分はほとんど動かず、「MIRAIE」の文字の部分で左右に動いているのがわかります。
この部分の「高減衰ゴム」が地震の揺れを吸収します。

1回の大きな地震に耐えることができても、繰り返し起こる余震によって構造材の接合部が変形を繰り返すと、接合部が破断して、家は倒壊してしまう可能性があります。
大きな地震や繰り返し起こる余震が起きたとしても、構造材の接合部が変形、破断しないまでに揺れを抑えること、これが制震ダンパーの役割です。

揺れを最大70%吸収・低減し、住まいを守ります。*

住宅の基礎と緊結し効率よく揺れを吸収します。実験の結果でも阪神・淡路大震災レベルの揺れから、繰り返し住まいを守ることが証明されました。(*実大振動台実験の結果による。)

ミライエ

ダンパー設置数を最小限に。魅力的な価格で提供できます。

多くのダンパーを必要とした従来の制震住宅を、1階のみ4ヶ所設置で実現しました。
延床面積140平米以下の平屋または2階建て住宅を想定すると、一般的には、1,2階に多数のダンパー設置が必要になります。しかし、ミライエの場合、1階に4ヶ所設置で制震効果が得られるので、ダンパーの費用を抑えることができます。

住まいは無事でも修繕にお金がかかっては大変です。

何百万円も必要になることもある大地震後の補修費リスクを抑えます。
地震の揺れにより損傷を受ける箇所は数多くあります。それぞれが必要になった場合、高額な費用が発生する可能性があります。「ミライエ」は地震の揺れを吸収・低減するので、住まいの損傷を軽減し、補修費発生リスクを低減することができます。

ミライエ

経年耐久性90年。性能はほとんど変わりません。*

揺れを熱に変えて吸収する「高減衰ゴム」。優れた耐久性で長期間に渡り、地震に備えます。
エネルギー吸収材に使われる「高減衰ゴム」は、ほとんど弾みません。これは運動エネルギーを熱に変えて吸収・発散させるためです。経年耐久性は90年、メンテナンスも不要で手間もかからない、エネルギー吸収材に最適な素材です。
(*促進劣化試験の結果による。)

ミライエ

住友ゴムの製品情報はこちら↓↓↓

maintenance
  • banner
  • banner
  • banner
  • banner
  • banner
  • banner
  • banner
  • banner
  • banner
  • banner
  • banner
  • banner

株式会社 浜設計工房

banner
当社は千葉県千葉市を中心に、木造在来工法の注文住宅を設計施工をしております。
健康で快適な住空間をご提案するため、外断熱工法を推奨しており、一年を通して快適な住み心地に、お客様からご好評いただいております。 地球環境にもやさしく、省エネルギーに優れたネットゼロエネルギー住宅も手掛けております。
その他、増改築、リフォーム、水廻り、太陽光発電、エクステリアなど、住まいのことなら何でも、お気軽にご相談ください。

▼タップで通話できます▼

0120-208-566
株式会社浜設計工房
〒260-0807 千葉県千葉市中央区松ヶ丘町18-1
フリーダイヤル:0120-208-566 
TEL:043-208-5566(イザットハウス専用)
043-208-5528(代表)
FAX:043-208-5529
Copyright © 2012 Hama Sekkei Koubou Co.,Ltd All Rights Reserved.